ホルモン治療は避けた方が良いのか?

ホルモン治療とは、更年期障害の治療の一つの手段です。これは、あくまでも更年期障害の症状が強く出た場合にのみ用いられる方法ですので、人によっては、このホルモン治療は止めた方が良いという場合もあります。

 

ここでは、その三つの例を挙げて、ホルモン治療を止めておいた方が良い場合をご紹介しましょう。

 

まず、一つ目ですが、閉経してから10年以上の歳月が経過してしまっている場合です。これは、閉経してから、一定の長い期間が経っていると、女性ホルモンであるエストロゲンの摂取で血栓症、乳がん、心臓病にかかるリスクが高くなるからなのです。

 

このエストロゲンの摂取で更年期障害の症状はいったん緩和されますが、他の疾患にかかってしまう率が高くなるのです。高くなると判断されれば、ホルモン治療が出来なくなります。

 

そして二つ目ですが、これは子宮を摘出している場合です。
もし子宮ガンなどにかかり、子宮を摘出している場合にはエストロゲンだけ補充することで十分なのです。

 

子宮がある場合はと言うと黄体ホルモンであるプロゲステロンも補充しなければ子宮体ガンを発症してしまったり、閉経後に出血する可能性もあると言います。

 

さらに、他にも婦人科系統の疾患があれば、医師に相談して、ホルモン治療が出来るかどうかを確認しましょう。

 

最後に三つ目ですが、持病を持っている場合です。
持病の中でも脳卒中や胆のう炎、血栓症を患う可能性がある場合にはホルモン治療が出来ないのです。
かかりつけの病院で相談しましょう。

 

高麗人参の更年期障害改善効果とは

更年期障害とうつの関係

更年期障害の症状にかかってしまってから、うつ病になるケースがあります。これは、男女共に言えることです。
どうしてうつ病の症状になるのでしょうか?

 

女性の場合を考えると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減っていくことで、いろいろな症状が起こります。
身体に起こる症状としては、頭痛、耳鳴り、倦怠感、食欲不振や冷え、ほてり、のぼせです。

 

そして精神的に不安、気分の落ち込み、不眠、イライラのような自覚症状が出てくるでしょう。

 

この症状には個人差はあります。さらに毎日のようにこのような症状で悩まされればかなりのストレスへと繋がっていきます。

 

50歳前後の年齢とは、更年期が始まる頃ですが、この頃によく家庭環境に変化が起こるでしょう。
例えば子供の自立や夫婦関係、両親の介護や老後の不安などのように、家庭環境の悩みが出やすい時期でもあります。

 

こんな時にストレスや、喪失感や不安を感じることで、うつ病にかかってしまいやすくなるのです。

 

男性の場合はどうでしょうか?男性は50代前後で仕事のストレスやリストラのような環境の変化であったり、夫婦関係、住宅ローンの返済のような悩みが出ます。これは、女性とは少し違う悩みでしょう。これによりストレスがかかってくるのです。

 

もし集中力の低下、気力の低下を感じれば、うつ病になってしまうこともあります。自覚症状を少しでも感じているのであれば、そのままにせずに、精神科、心療内科で適切な診断をして治療してもらうことが大事です。
早めに受診しましょう。