更年期障害と閉経年齢について

閉経の年齢と更年期障害とは、実は深い関係があります。
閉経の年齢には個人差もあり、50歳前後で閉経になるということを一つの目安にしておきましょう。

 

ですので、45歳前後で月経不順や月経異常を自覚しやすくなると言われています。
それは例えばですが出血の量がバラバラになる、月経の周期が不安定になるというように、今までの月経とは全く異なる状況を感じた場合に更年期障害を疑うようにすれば良いのです。

 

しかし子宮筋腫、甲状腺などの疾患や、子宮がんを起こしている場合もありますので、更年期障害であると決めつけることはいけません。

 

他に考えられる事は、過剰なストレスや疲労で月経異常を引き起こしている場合もありますので、自己判断は危険です。こうした症状になった場合には婦人科を受診することが一番なのです。

 

更年期で、月経不順を実感し始める年齢ですが、大体44歳頃からと言われています。
そして45歳をピークと考え、だんだんと減少し、50歳以降では急激に落ち着いていくようです。

 

この閉経の年齢には、いろいろな説があります。例えば人よりも早く初潮を迎えている人は、閉経が早い、遺伝的な要因があるなどと、いろいろな話があるのです。

 

最近の研究では、この初潮の早さや遺伝的な要因と閉経の時期は全然関係がないことが分かってきました。
さまざまな要因が集まって、月経不順が始まり、徐々に閉経へと進んでいくようです。

 

上記に示したことからも月経異常が更年期障害の始まりで、閉経のサインとも言えるのです。