更年期障害は何科で受診するのでしょうか?

更年期障害の症状になった場合には、一体何科を受診したら良いのでしょうか?
このことを、男女別に詳しく解説していきましょう。

 

始めに男性の場合ですが、女性のように更年期の外来があるわけではないので、一体どこで診てもらえば良いのか悩んでしまいそうですね。

 

もし、身体の症状で強く悩んでいる場合には泌尿器科を選び、精神的な要因で悩んでいる時には、心療内科が良いでしょう。
また、更年期障害だと自分では思っていても、実は何か違う病気だったというケースもあるのです。ですので、いろいろな検査をして、医師の診察を適切に受けることが大事です。

 

女性の場合には、男性と違って更年期障害の治療は専門外来で行えるケースが増えています。
更年期専門の診療科がない病院では、「婦人科」にかかることが良いでしょう。

 

自分の症状によっては、心療内科へ行った方が良いのか、それとも内科へ行った方が良いのかと悩んでしまいがちですが、自分が一番改善させたい症状に関わっている科を選ぶようにしましょう。

 

更年期障害の診断は、いろいろな検査を行ってから、総合的に診て判断するのです。
それは、更年期障害ではなく、実は他の病気だったというケースも少なくはないからです。

 

もし判断に困った場合には医師と納得の行くまで相談し、適切な治療が出来るような科を選ぶようにしましょう。